車を走らせるために、補給しなければならないものは何でしょうか。
当然、ガソリンですね。電気自動車などは別として、多くの車は、ガソリンスタンドで給油しなければ、走ることはできません。
だけど、ガソリンの他にもう1つ必要な物があります。それは、エンジンオイルです。
エンジンオイルとは、エンジンに使われている潤滑油のことです。エンジンオイルは、定期的に交換しなければなりません。

ガソリンと違って、普段エンジンオイルの存在を意識する人は少ないのではないでしょうか?
ですが、エンジンオイルはとても重要な役割を持っています。エンジンオイルが不足すると、エンジンが焼き付いてしまう恐れがあります。
そうなると、多額の修理費用が必要となってしまうのです。面倒がらずに、きちんとオイル交換を行うことが、車を長く安全に使用するための秘訣です。

とはいうものの、車をカーサービスショップやディーラーに車を持ち込む機会が、なかなかないこともありますよね。
特に、仕事で配送用に使っているトラックなどをオイル交換のためだけに休ませてショップに運ぶと、ロスが大きくなってしまいます。
ですが、仕事で使う大切な車ならなおさら、きちんとオイル交換をしておかなければなりません。
そんな二律背反にお悩みの方は、出張オイル交換サービスを利用してはいかがでしょうか。出張オイル交換とは、業者が自宅や会社の駐車場まで出張して、オイル交換を行なってくれるサービスです。
時間と場所を指定できるので、車が未稼働のタイミングに合わせて、効率的にオイル交換を行うことができます。待ち時間を気にする必要はありません。

また、運送関係のように何台もの車を所有している場合、出張オイル交換は特に便利です。もし、車をショップまで運ぼうと思ったら、一台一台運転して行かなければなりませんね。車の数だけ運転手を用意するか、あるいは何度も行ったり来たりして運ばなければなりません。
ところが、出張オイル交換を利用すれば、駐車場で何台もまとめてオイル交換をしてもらうことができるのです。
もちろん、多くの出張オイル交換業者は、一台からのサービスを請け負ってくれますよ。あなたの車のエンジンオイル、交換時ではありませんか?

関連リンク

デコラインのことなら【いも工房】